Zepp Healthのウェアラブルブランド「Amazfit」が、2021年第3四半期の世界のスマートウォッチ出荷台数で3位にランクイン!

調査、データ
この記事は約2分で読めます。

Zepp Health Corporationの独自ブランドである「Amazfit」は、 テクノロジー・メディア・通信分野の世界的な調査会社であるCounterpoint Research社が発表した最新の「Global Smartwatch Model Tracker」によると、 2021年第3四半期の世界のスマートウォッチ出荷台数で第3位となったと発表しました。

2021年第3四半期の世界のスマートウォッチ出荷台数で3位に


第3四半期の世界出荷台数は990万台となり、 対前年同期比で89%増の成長を記録しました。 これは、 市場調査会社IDC(International Data Corporation)のデータによると、 Amazfitが出荷台数で初めて世界第4位のスマートウォッチベンダーとなった第1四半期に続く好調な結果です。 今年1月から9月までの9か月間の世界全体の総出荷台数は2,780万台に達しました。



2021年7月から9月の第3四半期にAmazfitスマートウォッチの海外市場向けの出荷台数が、 全出荷台数の61.8%を占めるなど、 海外市場でも成功を収めました。 Amazfitは、 欧州のイタリアとスペインで最も人気のあるスマートウェアラブルブランドの1つとなったほか、 ドイツ市場においても、 出荷台数が対前年同期比で150%増と業績が好調。さらに国内に何千もの販売拠点があるというトルコ市場向けの出荷台数についても、 前年対比で324%増となっています。

このような好調な販売状況は、 「CES 2021」の開催期間中の2021年1月11日に人気のスマートウォッチである「Amazfit GTR 2」と「 Amazfit GTS 2」シリーズに「 Amazfit GTR 2e」と「 Amazfit GTS 2e」を新たに追加したこと、 タフネススマートウォッチの「Amazfit T-Rex Pro」を2021年3月23日に発売したことによるものだとしています。

そして2021年10月には、 独自のOS「Zepp OS」を搭載した最先端のヘルス&フィットネス機能を備えたスマートウォッチ「Amazfit GTR 3」および「GTS 3」シリーズを発売しました。

私はOREFOLDERでレビュー品としてAmazfit GTR 3を提供して頂き使用していますが、かなり良いです。近日中にレビューを公開予定ですのでお待ち下さい。

病気療養中のガジェットオタクです。PC、スマホからオーディオ、家電まで、デジモノ・IT系中心に自分の興味のあるものならなんでも記事にします。誤字脱字など、ミスの報告歓迎です。
TwitterのDMに連絡頂けると助かりますが、当ブログのお問い合わせフォームや、メールでも構いません。レビュー依頼など、各種ご依頼承っています。

でじぃをフォローする
調査、データ
スポンサーリンク
でじぃをフォローする
Digital’ It!
タイトルとURLをコピーしました