Nothing ear(1)にBlackモデルが追加!マットな仕上げで12月13日(月)から販売開始予定!暗号通貨での支払いにも対応!

アクセサリー
この記事は約2分で読めます。

Nothing Technologyは、同社初の製品であるNothing ear(1)に、Blackモデルを追加すると発表しました。日本でも発売予定で、12月13日からの販売です。

ワイヤレスイヤホン Nothing ear (1) black

12,650円(税込)という価格ながら、アクティブノイズキャンセリングやお洒落なデザインが特徴のNothing ear(1)。今まではホワイトモデルのみでしたが、ここにきてブラックのモデルが登場します。

スペックは基本的にWhiteモデルと同じですが、Blackは耳に接する部分(=ステム以外の部分)表面仕上げがマットになっています。また、充電ケースもスモーキーなカラーに。一味違う趣になっています。

さらに、Nothing ear (1)は、脱炭素(炭素排出を全体としてゼロ )を達成しました。
『私たちが脱炭素企業に向けた最初の一歩です。』としています。環境にも配慮されているのはいいですね。販売サイトはNothing日本公式サイト‐https://jp.nothing.tech/ 。 Amazon、楽天市場は後日発売予定とのことです。

※KITH東京店、 蔦屋家電二子玉川店、 蔦屋書店代官山店では12月8日(水)に先行発売

ちなみに、ホワイトモデルは提供して頂き、私もレビュー(https://www.orefolder.net/2021/10/nothing-ear1-review/)しています(外部サイトです)。

※ホワイトモデルです

暗号通貨(仮想通貨)での支払いにも対応

公式サイト発売と同時に、暗号通貨支払い(BTC、ETH、USDC、DOGE合計4種類が対応開始)が日本を含む一部の国・地域を対象として対応開始されます。暗号通貨で現実の支払い…未来が来た感がすごいです…

参考情報

Nothing が ear (1) の脱炭素宣言と新色black発売日を発表|NOTHING TECHNOLOGY LIMITEDのプレスリリース – https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000082566.html

タイトルとURLをコピーしました