Anker、一般的な製品に比べて約6倍の長寿命バッテリーを搭載したポータブル電源「Anker 521 Portable Power Station(PowerHouse 256Wh)」を販売開始!

アクセサリー
この記事は約5分で読めます。

アンカー・ジャパンは、Ankerブランドから、一般的なポータブル電源に比べて約6倍の長寿命バッテリーを搭載した「Anker 521 Portable Power Station(PowerHouse 256Wh)」を販売開始しました。 価格は24,800円。

2021年12月7日(火)からAnker Japan公式サイト(製品ページ:https://www.ankerjapan.com/products/a1720)、Amazon.co.jp(製品ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/B09B21M56M)、楽天市場(※7日から予約販売開始)(製品ページ:https://item.rakuten.co.jp/anker/a1720/)および一部家電量販店等にて販売開始です。

Anker 521 Portable Power Station (PowerHouse 256Wh) (6倍長寿命 ポータブル電源 256Wh)【リン酸鉄リチウムイオン電池 / 充放電サイクル3,000回以上 / 高耐久 / AC200W / 純正弦波/PowerIQ 3.0 (Gen2)搭載 / ◇PSE技術基準適合】キャンプ アウトドア 車中泊 防災/非常用電源/バッテリー
Anker
約6倍の長寿命を実現したバッテリー : 安全性の高さと電池寿命の長さが特徴のリン酸鉄リチウムイオン電池の中でも特に高品質なセルを採用し、一般的なポータブル電源の約6倍の長寿命バッテリーを実現(充放電サイクル3,000回後も初期容量の80%以上を維持)。1週間に3回の頻度で8年間利用した場合でも、経年劣化による最大容量の低下は10%未満のため長期間安心して使用できます(気温25度の使用環境および1回の利用にあたり放電深度100%で1サイクル充放電する場合の理論値。ご使用の機器の使用状況や保管環境により変動します)。

Anker 521 Portable Power Station(PowerHouse 256Wh)の概要

Anker 521 Portable Power Station(PowerHouse 256Wh)は、一般的なポータブル電源に比べて約6倍の長寿命バッテリーを搭載したポータブル電源(ポータブルバッテリー)です。
「Anker 521 Portable Power Station(PowerHouse 256Wh)」は、バッテリー使用による経年劣化が少ないリン酸鉄リチウムイオン電池を、 シリーズで初めてバッテリーセルに採用。 「普段使いしながらも、 災害時などいざという時の備えとして長期間置いておける製品がほしい」というユーザーからの声を受け、 3,000回使用後も初期容量の80%以上の維持ができる、 一般的なポータブル電源の約6倍の長寿命バッテリーを搭載したということです。 また、 先端ICを備え、 バッテリーセルの監視と安全制御を行うバッテリーマネジメントシステムを搭載しているため、長期間安心して使うことができます。

2つのACポートや、USB Power Deliveryに対応したUSB Type-C(USB-C)ポートを含む計6つのポートを備え、 スマートフォン・ノートPCから電気毛布などの小型家電まで、 これ一台で最大6つの機器に合計398W出力で同時充電 / 給電することができます。 女性や高齢の方でも片手で持ち運びしやすい軽量かつコンパクトサイズを実現しながら、 iPhone 13を約18回充電可能な256Whの容量を兼ね備えたバランスモデルです。 初めてのポータブル電源を探している方や、 単身世帯や収納スペースに不安のある方にもピッタリだとします。

利便性も追求し、 本体に接続しながらも使用していない機器を検知すると自動で出力がオフになる「省電力モード」を本製品から新たに搭載し、 不要なバッテリー消費を防ぎます。 また、 ランタンやSOS用フラッシュとして使用可能なLEDライトも本体前面に設置。 同じく前面のディスプレイでは、 本体が満充電になるまでの推定時間や電力供給が可能な残り時間を確認することができます。 さらに、 別売りの高出力ソーラーチャージャー「Anker PowerSolar 3-Port 100W」と合わせて使うことも可能で、 災害時など電源に全くアクセスができない環境でも、 太陽光から電力を生み出し本製品に蓄えることができます。

バッテリー容量は80,000mAh/256Whで、重さは本体のみで約3.7kg。 サイズは約216×211×144mmです。

Anker 521 Portable Power Station(PowerHouse 256Wh)のスペック

重さ約3.7kg (本体のみ)
サイズ約216×211×144mm
入力DC:11-28V=5.5A (最大65W)
USB-C:5V=3A / 9V=3A / 15V=3A / 20V=3A (最大60W)
合計最大入力:125W
出力AC:110V~50Hz / 60Hz,1.82A,200W (瞬間最大600W)
USB-A:5V=3.6A (各ポート最大12W/合計最大18W)
USB-C:5V=3A / 9V=3A / 15V=3A / 20V=3A (最大60W)
シガーソケット:12V=10A
6ポート合計最大出力:398W
パッケージ内容Anker 521 Portable Power Station (PowerHouse 256Wh) 、ACアダプタ、ケーブル内蔵カーチャージャー、取扱説明書
注意事項本製品は過放電を防ぐため、出荷時はロック状態 (利用できない状態) に設定されています。初回利用時は本製品を充電することで、ロックが解除され利用できる状態となります。
Anker 521 Portable Power Station (PowerHouse 256Wh) (6倍長寿命 ポータブル電源 256Wh)【リン酸鉄リチウムイオン電池 / 充放電サイクル3,000回以上 / 高耐久 / AC200W / 純正弦波/PowerIQ 3.0 (Gen2)搭載 / ◇PSE技術基準適合】キャンプ アウトドア 車中泊 防災/非常用電源/バッテリー
Anker
約6倍の長寿命を実現したバッテリー : 安全性の高さと電池寿命の長さが特徴のリン酸鉄リチウムイオン電池の中でも特に高品質なセルを採用し、一般的なポータブル電源の約6倍の長寿命バッテリーを実現(充放電サイクル3,000回後も初期容量の80%以上を維持)。1週間に3回の頻度で8年間利用した場合でも、経年劣化による最大容量の低下は10%未満のため長期間安心して使用できます(気温25度の使用環境および1回の利用にあたり放電深度100%で1サイクル充放電する場合の理論値。ご使用の機器の使用状況や保管環境により変動します)。

参考情報

⼀般的なポータブル電源に⽐べて約6倍の⻑寿命バッテリーを搭載 「Anker 521 Portable Power Station(PowerHouse 256Wh) 」を販売開始! https://www.ankerjapan.com/blogs/news/321

病気療養中のガジェットオタクです。PC、スマホからオーディオ、家電まで、デジモノ・IT系中心に自分の興味のあるものならなんでも記事にします。誤字脱字など、ミスの報告歓迎です。
TwitterのDMに連絡頂けると助かりますが、当ブログのお問い合わせフォームや、メールでも構いません。レビュー依頼など、各種ご依頼承っています。

でじぃをフォローする
アクセサリー
スポンサーリンク
でじぃをフォローする
Digital’ It!
タイトルとURLをコピーしました