日本政府、「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」を配信開始!アプリの使い方・接種証明の追加方法を解説

アプリケーション
この記事は約5分で読めます。

日本政府は、12月20日(月曜日)より、「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」を配信開始しました。スマホ(Android・iOS)で、新型コロナウイルスワクチンの接種証明が可能になります。本記事では、一つ一つ画像付きで解説します。

新型コロナワクチン接種証明書アプリの概要

ホーム画面での表示は、「接種証明書」。NFC Type-Bに対応し、かつiOS 13.7以降、Android 8.0以降を搭載したスマホが対応しています。発行にはマイナンバーカードと、マイナンバーカードの券面事項入力補助用暗証番号(数字4桁)、海外用の証明書を発行するには、マイナカードに加えてパスポートが必要になります。

アプリの使い方

Androidスマホの画面で解説しますが、iPhone(iOS)でも見た目を含めほぼ同じです。

まずは、

新型コロナワクチン接種証明書アプリ - Apps on Google Play
It is an application that can obtain the new corona vaccination certificate officially provided by the Japanese government. My number card is required to obtain...
‎新型コロナワクチン接種証明書アプリ
‎■二次元コードの取扱いについて 接種証明書の二次元コードには、氏名、生年月日、接種記録等の個人情報が含まれます。 取扱いには十分ご注意ください。 ■できること 日本国内用と海外用の新型コロナワクチン接種証明書を取得できます。 取得した接種証明書は、アプリを起動すればいつでも表示できます。 他のスマートフォン等で表示...

ここからアプリをインストールします。前述の通り、NFC Type-Bに対応し、かつiOS 13.7以降、Android 8.0以降を搭載したスマホのみインストールできます。iPhoneならiPhone 7以降のみが対象です。

インストール後、起動するとこのように説明が表示されます。利用規約を読み、同意できる方は「同意する」にチェックを入れて「次へ進む」をタップします。

ホーム画面はこのような画面です。書いてあるとおり、証明書の発行には、請求者本人のマイナンバーカードが必要です。海外用の証明書では、マイナンバーカードに加えて請求者本人の有効なパスポートが必要になります。今回は、国内用のみ発行しますが、あとから追加で発行することもできるようです(未確認)。

発行する用途を選択します。今回は日本国内用のみ発行しますが、海外用も同時に発行することもできます。
次に、マイナンバーカードの券面事項入力補助用暗証番号(数字4桁)を入力します。3回以上失敗すると、マイナカードがロックされてしまうので注意が必要です。
番号を入力したら、NFCでマイナンバーカードを読み取ります。スマホとカードを密着させ、読み取りが完了するまでそのままにします。

カードが読み取れたら、読まれた情報が正しいかどうか確認します。よっぽどのことがなければ正しいと思いますが、念の為確認しておきましょう。
カードの読み取りが終わったら、接種を行った自治体を選択します。デフォルトでは、マイナンバーカードの情報が利用され選択されます。
「ワクチン接種記録を検索」をタップすると、自動で情報が検索されます。情報が見つかると、接種した日や市区町村、接種回数などが表示されます。合っていれば「発行する」をタップします。


リリース直後でサーバーが混み合っていたようで、Androidではワクチン接種記録を検索するところで「(69900) 予期せぬエラーが発生しました」とエラーが出ました。
iOSでは接種記録が見つかるも、2回接種しているのに接種回数が0回と表示されたり、最終接種日が0000-00-00になっていたりしました。

時間をおいてやり直すと、しっかり進められました。

「接種証明書を発行しました」と表示されれば完了です。


証明書発行後は、ホーム画面がこのように表示されます(上記画像左)。タップすると詳細が表示され、種類やメーカー、製品名、製造番号などが分かります。名前や生年月日、二次元コードはタップするまで表示されません。二次元コードには氏名、生年月日などの個人情報が含まれるので、取り扱いには注意が必要です。

ちなみに、私はAndroidスマホとiPhoneで試しましたが、複数台で証明書を発行することができます。おそらく、Androidスマホ2台などでもできるはずです。証明書というアプリの性質もあるとは思いますが、日本政府が絡むアプリにも関わらず、複数端末でも同時に利用できるのはいいですね。

また、一度証明書を発行すれば、オフライン環境でも証明書を表示させることができます。

ちなみに、記事執筆時点ではマイナンバーカードに旧姓併記がある場合は証明書の発行ができません。近日中に対応予定とのことで、今の所待つしかありません。

iOSではウォレットアプリでも表示可能!

iOSでは、カメラアプリで二次元コード(QRコード)を読み込むと、iOS標準の「ウォレット」「ヘルスケア」アプリでも証明書を表示できるようになります。やり方としては、普通のQRコードを読み取るのと同じです。カメラアプリでQRコードを読み取り、指示に従い「”ウォレット”と”ヘルスケア”に追加」をタップすれば完了です。

これにより、iPhoneをロックした状態からでも、Face IDを搭載したiPhoneの場合ならサイドボタンをダブルクリックで、それ以外のiPhoneの場合はホームボタンをダブルクリックで、素早く接種証明書を提示できます。さらに、Apple Watchを使っている場合には、watchOS 8以降のApple Watchでも表示できます。

ワクチン接種カードという名前なんですね。iOSのウォレットアプリからだと、名前を隠すことはできないみたいです。

参考情報

新型コロナワクチン接種証明書アプリ |デジタル庁 – https://www.digital.go.jp/policies/posts/vaccinecert

iPhoneの「ウォレット」で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種カードを使用する – Apple サポート (日本) – https://support.apple.com/ja-jp/guide/iphone/iph7f2865325/ios

Q3-6 マイナンバーカードに旧姓併記がある場合、アプリで接種証明書は発行できますか。- よくある質問|デジタル庁 – https://www.digital.go.jp/policies/vaccinecert/faq_03#q06

タイトルとURLをコピーしました